「先行き不透明な今後の未来に漠然とした不安がある」
「もっと明確に未来を描き、人生を飛躍させたい」

といった方の応援に、絶対の自信と実績を持っています。


私自身、自分に自信がなく、周囲の目を気にし、頑張ってるのに結果につながらないことも多く、理想と現実のギャップに悩み、将来への不安も持ち続け、「空回りの日々」を長い時間過ごしてきました。



プレッシャーに弱く、大学センター試験は3年連続失敗。
理想のキャリアを描きすぎて葛藤の連続、新卒入社の会社を1年10ヶ月で退社。
その後、自分を見つめ直すモラトリアム期へ。26歳時は無職。所持金は80円、、、、

しかし、28歳時「習慣」と向き合う大切さに気づき、真剣に取り組み続けた5年後くらいから一気に結果が好転。その後も多くの方の応援をいただき、逆境を乗り越え、現在に至ります。


コンサルやプログラムを行っていくにあたり、「人と人との相性」はとても大事だと思います。私自身が取り組んできたことや考えていることを文章や動画で記しました。お時間あるときにご一読いただければ幸いです。



<プロフィール>
出会った人の無限の可能性を信じ、「人生の飛躍」を実現させるキャリアメンター

上原 隆

株式会社プリセッション 代表取締役

1969年、鹿児島県生まれ。大学卒業後、レコード会社・総合人材サービス会社などで新卒採用・人材育成に25年以上従事。今まで出会った学生・社会人は25万人、面接実績1万回以上。講演や企業研修での登壇は3000回を超える。

企業の人事採用担当者時代は、会社説明会で一切自社のアピールをせず、参加者への応援メッセージだけを送り続け、全国行脚しながら学生たちのキャリア相談に乗り続けた。その活動が、テレビ東京系列全国ネット「ガイアの夜明け」にて半年間密着取材。読売新聞(全国版朝刊)での5年間のキャリア応援コラム連載、ダイヤモンド社から3冊の書籍出版などにつながっていった。

また、ラジオでは現役会社員(当時)初の「オールナイトニッポン」パーソナリティとして、上戸彩・嵐・AKB48(敬称略)など多くのゲストと対談。全国のリスナーへの応援企画を続けた。今までリスナーや読者・講演参加者などからいただいたキャリア相談メールは2万通を超える。

現在は多くの企業にて人材育成の研修やコンサルティングを実施。20代の新入社員から40代・50代の管理職までの多くのビジネスパーソンの「リアルな」姿と対峙し続ける日々。一人ひとりの人生を応援する個人コンサルも、小学校6年生から、主婦・会社員・上場企業の経営者・オリンピック日本代表のアスリートまで幅広い方々のサポートを行ってきた。

プライベートでは3歳と6歳の娘の日々の成長を感じながら、育児中心の生活。
前に向かって進む多くの方の応援を続けている。


<メディア実績>

テレビ東京系列「ガイアの夜明け」にて伝説の新卒採用担当者として半年間にわたる密着取材。
読売新聞(全国版・朝刊)にて「上原隆の実践講座」など5年間キャリア応援コラム連載。
ラジオでは、「上原隆のオールナイトニッポンサポーターズ」パーソナリティなど約450回出演。
上戸彩、嵐、今井絵理子、中川翔子、川嶋あい、三浦大知(敬称略)など多数のゲストの皆さんと対談。
番組ではリスナー参加型プロジェクトを手掛け、フジサンケイグループ広告大賞特別部門受賞。
他 NewsPicks、WBS(ワールドビジネスサテライト)など多くの番組にコメンテーターやゲスト、MCとしても出演実績あり。日経ビジネスや週刊ダイヤモンド、プレジデント、新聞各紙など取材実績多数。
著書は「内定者の発想」「内定突破への30の言葉」(ダイヤモンド社)など。

*詳細はこちらをご覧ください。

<人生は波乱のドミノ倒し>

人生の道のりは、紆余曲折。プレッシャーに弱く、大学入試センター試験は3年連続失敗。
大学入学上京後も、極度の人見知りで駅のキオスクでガムを買うことすらできず、初対面で緊張しまくり、大学1年次の友人はわずか3人。
キャリアに対する過度の思い込みから、新卒入社した会社を次の行き先もなく1年10カ月で退社。
その後、真冬で極寒の青森の体育館にて「ドミノ倒し世界記録」に挑戦するも失敗。
26歳時の所持金は80円。ハローワークに通い、失業保険を受けながらの生活。
しかし、それらの逆境をバネに、自ら変革を遂げた体験を伝え続ける中で共感の輪が育まれ、多くのご縁に支えられて現在に至る。

出会った人の無限の可能性を信じ、「一歩を踏み出す大切さ」を伝え続けています。

より詳細のプロフィールに関しては「人生の軌跡」欄をご覧ください。